形態と方法の変化

お墓とお花

近年のお葬式の形態の変化

人生、出会いがあれば別れも存在します。人との死別ほど悲しいものはありません。今までお世話になった人や親族が亡くなったとき、最後のお別れに葬儀を開きます。 突然くることの多い葬儀ほど、準備や段取りが大変なものです。 葬儀を行う会場の選択や、誰をどこまで呼ぶのかの決定、葬儀費用など考えれば 、たくさんのことを限られた時間でこなしていかなければなりません。 田舎の葬儀ほど、お家で行うことも多く準備が大変になります。 その背景には、セレモニーホールが近場になかったことがあげられます。 また、土地やお家の広さから多くの来客を呼ぶことが可能でした。 ここ最近では、セレモニーホールが田舎にも出来てきているので葬儀の形態は変わりつつあるようにも思います。

葬儀の様々な方法とあり方

こういった背景や、昨今の核家族世帯が増えた現状もあり葬儀の形がまた新たに変わってきています。 最近メジャーなのが、家族葬というものです。 身内だけの少ない人数で葬儀をする方法です。経済的な葬儀費用も最小限に抑えることができ、また身内だけなので、気遣いすることもなく、煩わしいものもありません。 そういった面で、家族葬で営むことを好んでする事が多くなってきているのです。また、後にお別れ会という形で故人を凌ぐ場を設けることもあります。 どういった形式で見送ってもらいたいかは、やはり本人の意思を尊重したいものです。生前に、遺言という形で何かに残しておくと、遺された方も本人も理想の形で営むことができるので、現在の葬儀のあり方を考えると、残すといった方法も大切になってくるのではないかと思うのです。