システムの確立

手を合わせる男性

家族に負担をかけない永代供養

跡継ぎがいない、身寄りがいないといった方の為に、お寺が永代に渡って管理と供養をしてくれるお墓を永代供養墓といいます。他の人と一緒のお墓、あるいは納骨室に安置されることから、合祀墓、合葬墓、共同墓とも言われています。利用料金は、約30万円から50万円が平均とされており、一式料金を支払うことでその後の管理費、お布施、寄付金などは一切かかりません。永代供養が選ばれる理由に、家族に負担をかけたくないという事が挙げられます。その為、永代供養墓は、生前からご自分で予約可能となっています。料金プランもある程度決定しており、毎年継続してかかる費用が発生しないというのがメリットと言えます。近年はある人生設計のひとつとして生前から永代供養墓をご自身で決定している人が増加しています。

葬儀から合祀まで請け負う企業の登場

現在の取り組みとして、大手企業では全国の地域ごとに永代供養墓を設け、生前予約とお葬式プランをセットにしてご自身が選択可能なシステムをとっています。生前から葬儀社や、幾つかある合葬墓地から希望に沿った場所を選択し、支払い方法を決定しておくことができます。このシステムには、葬儀に関わる全ての儀式、遺影、骨壺、納棺、火葬、永代供養などが含まれています。利用者が安心して終の棲家に迎えるように設定する事が出来ます。また、永代供養は宗教や宗派は問われないので、ニーズに沿ったお墓を選択出来ます。永代供養では、利用者に制限は科せられていませんので、後継者のいない方自らが選択する方法としてはお勧めできるシステムとも言えます。