納骨堂の利用

桶を持つ女性

納骨堂がもたらす色々なメリット

東京を中心に、室内に遺骨を安置する納骨堂を利用する人が増えています。そもそも納骨堂が人気の原因は、近年の家族形態の変化が挙げられます。最近は核家族が多く、子供がいてもお墓の管理が難しい場合が多いからです。納骨堂に依頼すれば、施設の責任者が供養と管理をきちんと行ってくれます。また、たとえ後継者がいなくなっても、永代供養墓に合祀されます。そのため、無縁墓になる心配がありません。ですから、納骨堂は、近年の時代に応じた新しい墓の形と言えます。 その他にも、納骨堂には色々なメリットがあります。まず、お寺の檀家になる必要がないので、寺院経営でも宗派が不問の施設が多いことです。ですから、どんな人でも受け入れられます。また、普通の墓のように掃除や草むしりも必要なく、管理が非常に楽です。

選び方のポイントとは

納骨堂には、各地にたくさんの種類があります。なので、初めて契約する時、何を基準にして選べばいいか迷ってしまうことがあります。 そこで、ここでは自分や家族が気持ちよくお参りすることができる納骨堂を選ぶポイントをお教えします。まずは、交通のアクセスがいいかどうかです。家族の中に高齢者がいる場合は、重要なことです。最寄の駅・バス停からのアクセス時間、納骨堂までの道路状況はチェックした方が良いです。 その他にも、施設内やトイレが清潔かどうかもチェックポイントです。館内がいつでも掃除が行き届いている場合、納骨堂の管理もきちんとされていると考えられます。なので、自分の先祖の遺骨の管理を安心して任せることができるといえます。